24時間受付中問い合フォーム

経理のアウトソーシング 【デメリット編~導入のポイント解説~】

 

前回は、人手不足経理が辞めてしまったなど、経理に関するお悩みを解決する「経理アウトソーシング」メリットについてご紹介しました。

これからご紹介する「経理アウトソーシング」のデメリットについてもご理解いただき、実際にアウトソーシングの利用を検討する際のポイントまで解説します!

 

経理業務のアウトソーシングのデメリット

1.社内での育成にはつながらない

外部に経理業務を一任することになるため、業務内容やフローが社内ナレッジとして蓄積されません。

2.迅速かつ柔軟な対応がされにくい

社内で急ぎの対応が発生した場合、委託先の担当者がいつでもすぐに対応できるわけではなく、

基本的には契約に基づいて業務が行われるため、タイムラグが生じます。

 

経理アウトソーシングの導入を検討する際のポイント

目的を考える(経理部門の課題の洗い出し)
    • ・経理部門の業務のブラックボックス化
    •  
      • ・経理部門の質が向上しない
      •  
        • ・経理部門のノウハウがない、人材がいない
        •  
          • ・経理部門のコストを抑えたい
          •  
    • ・月次決算の締めを早期化したい
  •  
  •  
  • など、自社の課題の優先度を決め、経理のアウトソーシングを利用することで解決できるのか
  •  
  • 導入の必要性を見極めましょう。

 

  • 自社分析(経理アウトソーシングとの相性)
  • ●自社の経理部門が抱える強み・弱み
  • ●経理アウトソーシングのメリット・デメリット
  •  
  • を多方面から理解しましょう。

 

  • 経理アウトソーシングと一言で言っても、経理業務は実に多岐にわたります。

アウトソーシングするにはもちろんコストがかかりますので

社内のリソースで対応できる業務か

アウトソーシングに適した業務なのか

を検討・選別をした上で、自社にマッチしたアウトソーシングに依頼する業務範囲を定めましょう。

 

  • 費用対効果を考える

費用をかけたことによって、どの程度の効果・価値があるのか?

経理アウトソーシングを検討する際は、かかる費用だけではなく、

サービスの質(専門性・正確性・柔軟性・スピード感など)を含めて費用対効果を考慮しましょう。

 

経理のアウトソーシングについてお気軽にご相談ください!

そうはいっても自社の業務が経理アウトソーシングに向いているのか分からない

どの業務をアウトソーシングするべきか分からない、というのが現実だと思います。

当社では経理をワンストップで代行できるプランから必要な範囲で一部だけ外注できるプランまでご用意!

貴社でのベストをご提案させていただきます。

初回無料の相談会を実施中です。

ご相談はお電話または下記フォームにて無料相談をご予約いただけます。

      お名前
      (例:山田 太郎)
      メールアドレス
      (例:yamada_tarou@sample.jp)
      電話番号
      (例:00-0000-0000)
      お問合せ内容

      ご入力の内容はお間違いないでしょうか?
      今一度ご確認頂き、宜しければチェックを入れて送信ボタンをクリックして下さい。

      PAGETOP

      経理代行サポートメニュー

      • 経理代行サポート
        経理代行サポート 本業に専念するならコチラ!
      • 記帳代行サポート
        記帳代行サポート 入力の手間を削減します!
      • 給与・勤怠代行サポート
        給与・勤怠代行サポート 社員の入れ代わりにも対応!
      • 年末調整代行サポート
        年末調整代行サポート 年末の忙しさを少しでも軽減!
      • 請求管理代行サポート
        請求管理代行サポート 正確&スピーディに処理!
      • 支払管理代行サポート
        支払管理代行サポート 銀行に行く必要無し!
      • クラウド導入支援サポート
        クラウド導入支援サポート 効率化、コストカットなら必須!
      • その他サポート一覧
        その他サポート一覧 本業に専念するならコチラ!

      会社情報

      インボイス制度への対応はお済ですか?
      無料オンラインセミナーはコチラ!
      インボイス制度対応について、無料オンラインセミナー開催中!